上手な英語は必要ない!シンプルかつわかりやすい英語で意思疎通を

英会話以前に大切なこと

セミナーでお会いする方や、英語のコーチングをさせていただく際に、クライアントの皆さんと最初に取り組むのは「お互いを知る」ことです。

「英会話を学びたいのに、お互いを知るってどういうこと?」と思われる方が多いのではないでしょうか?

「英語を話す」というより「英語でわかり合う」と考えると、わかりやすいのではないでしょうか。

一方的に「話す」のは、スピーチだったり、講演のために登壇してお話しすることで、言語以前に「伝わるスピーチ」の方法を学ぶ方が論理的です。

しかし、英会話は「会話」なので、相手がいて、言葉や思いをキャッチボールしないといけないのです。

私たち日本人が「英会話できない」と思う時、「何を伝えていいかわからない」場合が多いと思います。

コミュニケーションのステップ1は「相手に興味を持つ」ことです。

自分のことだけを話したい人とコミュニケーションするのは難しいです。

反対に自分のことに興味を持ってくれる人とは多種多様なお話ができるでしょう。

そこで「お互いを知る」ことから意思疎通する会話に展開していくわけです。

「何を話していいかわからない」のは自分の「何を」話すべきなのかを考えているからです。

相手の世界を理解して、尊敬したいと思う気持ちが、スムーズな会話に繋がり、意思疎通の始まりになるのです。

コミュニケーションが苦手、引っ込み思案、恥ずかしがり屋、人の意見を気にする・・

このような傾向がある人は、英語以前にコミュニケーションの方法を学ぶ方が、素早い英会話の習得に繋がる時があります。

英語を学び始める前に「お互いを知る」時間をとることが重要なことを理解していただけましたか?

[s_ad]

次に大切なこと

出会いのはじめに良いコミュニケーションが構築されると、次に大切になってくるのは「簡素化して話す」「簡単に説明する」です。

ケンペネEnglishでもお伝えしていることなのですが、言いたいことを一番短くすると「何が残る」かを考えます。

説明する言葉を全部取り除いて「一番短く、一番少ない単語で伝える」ことを意識します。

上手に話すとか、いい発音とか、文法的な正しさではなく、シンプルに伝える、わかりやすく話すを目指します。

完璧主義が「敵」だと思うことができたら、英会話は楽しくなります。(笑)

私たちが楽しく英語を使うことを邪魔している一番の要因が、この完璧さを求めることだと思うからです。

「完璧さ」ではなく、「楽しさ」を目指して、たくさんの人と英会話をしてみましょう。お話しする相手に興味を持ち、どのようなニーズがあるのかなども聞き出すことができたら、スムーズな会話に繋がると思います。

シンプルで、わかりやすく、楽しい英会話を目指しましょう!

京都府出身 京都府在住。 51歳の頃、8人の子育て「ママ」から「同時通訳になろう!」と決意。 1年後にイベント同時通訳としてデビュー、現在イベント同時通訳のリーダーとして、世界の名だたる著名人の通訳を行なっている。 自身の子供8人全員が海外留学せずにケンペネEnglishのみで全員にネイティブ英会話を習得し、TOEIC980点、TOEFL118点を取得、英検1級優秀賞を受賞。娘も通訳業をしている。 自著に『~英語が話せなかった8人の子育てママの同時通訳者が伝授~ネイティヴ英会話で夢を実現する方法』がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。