アメリカに行く前に知っておきたい便利表現!

Hello everyone! 英語講師のYuriです♪

英語を勉強したからには、海外に行って実際に外国の方とお話してみたい!とくにアメリカに行きたいなって人も多いのではないでしょうか^^

私は大学生3年生の頃、友達と初めてアメリカに旅行に行きました!

その時のドキドキワクワク感をすごく覚えています^^その時に「あ〜これ前もって知っておけばよかったな」と思ったことを、今回はシチュエーション別に少しシェアさせていただきます♪

まず、アメリカでよく困るシチュエーションといえば・・・トイレ!なんです(>_<) 日本では、お出かけをしたとき、トイレに困るなんてことはほとんどないですよね。困った時にはコンビニ・デパート・スーパーなどに行けば使うことができます。これを当たり前だと思わないでください・・・ アメリカのトイレは、鍵がついていたり、コードが必要だったりするんです!(゚o゚;; 日本の便利さは神・・・ そこで、トイレに関わる便利表現を見ていきましょう♪

トイレに行きたい時使える表現

トイレの場所を尋ねる表現

“Where is the restroom?”(トイレはどこですか?)

まずシンプルに、トイレの場所を尋ねる表現はマストですね!

レストランやカフェなどにあるトイレは “restroom”と言います。 “toilet” というのはアメリカでは「便器」を表すのであまりオススメしません^^; また、“bathroom” もよく聞くと思いますが、これは家にあるトイレを指すので、お店では “restroom” を使いましょう^^

さてさてトイレには着いたけれど、鍵がかかっているorコードがいる!というときには、

店員さんのところに戻ってこう聞きましょう。

トイレの鍵・コードをもらうための表現

“What is the code for the restroom?”(トイレのコードは何ですか?)

“Do you need a key for the restroom?”(トイレに鍵は必要ですか?)

こう聞けば店員さんが鍵をくれるか、コードを教えてくれます。

しかし中には、何かを注文しないと教えてくれないなんてお店も結構あるんです(TT)

そんな時は、とりあえずか何かを頼みましょう。もしくは、誰かがトイレから出てくるのを見計らって出てきた瞬間入る、なんて荒技もありますが(笑)

レストランでよく使う便利表現

注文時に使える表現①

“I’ll have the ~” 

(例)I’ll have the cheese burger. (チーズバーガーをください。)

シンプルに使える表現ですね!

注文時に使える表現②

“Could I get the ~?”

(例)Could I get the tuna sandwich?(ツナサンドイッチをください。)

Canの過去形Couldです。もちろんCanでもOKです^^ Couldの方が丁寧表現ですが、注文時に使う時はそこまで違いがないように思います。

オススメを聞きたい時に使える表現①

“What do you reccomend?”(オススメは何ですか?)

ただし、これを聞いてしまうと、「じゃあどんなものが食べたい気分?辛いものが好き?甘い方が好き?・・・」など色々聞かれて戸惑ってしまうかもしれません^^; (もちろんどんどん会話したい人はOK!!)

オススメを聞きたい時に使える表現②

“What’s your most popular dish?”(ここの一番人気の料理は何ですか?)

あれこれ聞かれると困るな、という方はこちらの方がいいかもしれません。これを聞けば、お店の一番人気メニューを教えてくれるはずです!

食べきれなかった時に使える表現

アメリカといえば、とにかく料理の量が多い!^^;

私も最初にニューヨークのイタリアンの店に友達と2人で入ったとき、日本の感覚でパスタとサラダとピザを1つずつ頼んだらえらいことになりました(笑)

よく店員さんから “Would you like a box for this?”(これを持ち帰る用の箱はいりますか?)

と聞かれますが、自分から聞きたいときは次のように言います。

“Can I get a box?” めちゃめちゃシンプルですよね^^

※doggy bagという言葉もありますが、最近は単にboxと言う方が多いです。

スーパーでよく使われる表現

レジでよく使う表現①

日本もキャッシュレス化が進んでいますが、アメリカでは日本より圧倒的にカードが使えるお店が多いと思います。

そこで!カードを使おうと思ったときにこう言われることがあります。

【店員さん】 “Can you use the chip?”

私の最初の反応は「なんのこと・・・?」でした^^; これは、カードについているICチップのことなんですね。カードを読み取る際、スワイプする方法と、差し込む方法があります。ICチップがある場合は差し込む方が安全なので、そちらを使うようにという意味で “use the chip” と言われます。

レジでよく使う表現②

【店員さん】“Do you have a reward card?”

rewardとは「報酬、ご褒美」の意味です。つまり、ご褒美カードですね(^_^) あれば割引になったりポイントがたまったりします。なるべくお得に賢くお買い物したいですよね♪

レジでよく使う表現③

“Can I get a receipt?”(レシートもらえますか?)

レシートが欲しいときは、こう聞けばOK!つづりにあるpは発音しません。

一番重要なことは、とにかく話してみること

学んだ英語を実践するときは、ドキドキすると思います。「ちゃんと伝わるかな?」「聞き取れるかな?」と心配になる気持ちはとても分かります。

しかし、一番重要なことは、とにかく話してみること!

言いたかったことが言えなかったとしても、勇気を出して話してみた結果だったら「次同じシチュエーションにあったらこう言おう。」と反省して成長することができます^^ 私もこの反省を繰り返して、話せるようになっていきました。

Have the courage to speak up! But remember to enjoy speaking English♪ Bye!

パズル英文で簡単に話そう

英会話をする時、長文で話す必要はありません。

英文学を極めたい、英語の仕事をしたい、などの理由がないなら

長文を考える必要も、フレーズの構成で悩む必要もないと思います。

また、英語を長年勉強しているのに、なかなか英語が話せない人の多くは「文の構成」を複雑に考えすぎていることがあります。

日本語でも英語でも、小さな子供達が話し始めるのは「簡単なフレーズ」です。

つまり「基礎の文型」があるのです。

文型は「主語:Subject」「目的語:Object」「動詞:Verb」の3つの鍵になる言葉で表します。

Subject Object Verb の頭文字を使って、「SOV」と言う文型で、これが日本語の基礎文型になります。日本語以外にもこの文型を利用する言葉はありますが、英語は違います。

この違いは、日本人が英語を使いこなすことの妨げになっているのでしょう。

英語は SVOの文型を使います。

日本語:私は(S) バナナを(O)   食べます(V)

英語: 私は(S) 食べます(V)   バナナを(O)

このように並べ方が違ってきます。
英単語をパズルのように、文型を意識して並べてみます。

私はパーティーに行くでしょう。 party, go , will, I , to

私はパクチーが嫌いです。 coriander, I not , do, like

英単語をパズルの感覚で並べ替えて文にしてみてくださいね。

日本語を国語として勉強してきた私たちが、日本語の文法を気にしながら話さないように、英語を母国語とする人たちも、文法を意識しながら会話をしません。

基本、中学校で学んだ英文法とSOVをSVOに変換する感覚が身につけば、十分英語を話すことができます。
英語で多く使う文法は中学の3年間で学びます。それらを何度も繰り返して使うことが大切です。

何よりも英語に触れる機会を増やし、英語を使うことが大切です。

ここからも「今までの英語のインプットだけで十分なんだ」 「使い始めることが大切だ」とわかっていただけるのではないでしょうか?

エアーアウトとカタカナ英語

よくよく考えてみると、私たちは英語の単語に囲まれて生活しています。

多くのカタカナで表す言葉が英単語をそのまま「日本語」にして使い込んでいるわけです。知らない間に、様々な英単語を使っているけれど「英語は話せない」と思い込んでいるわけです。

それとは別に教育の一環として多くの人は6年ほど英語を勉強します。
たくさんの英単語を「暗記」するのですが、それらがテスト対策だと言うことがとっても残念です。学んだ英語を「使える」場があると素晴らしいのにと思います。

学校を卒業すると「英語を使う機会」「英語を使う場」がほとんどありません。知識として脳の中に蓄えてはいるものの「使わない」ので、場所だけを取っている状態になるわけです。

冬が終わり、場所をとる冬の寝具を保管する時「圧縮袋」に入れますよね。空気を抜くとペッタンコになり、保管しやすくなります。
それと同時に中のものを容易に取り出すことはできなくなります。

皆さんの「英語」も使わなくなったので、圧縮袋に入れられて、空気を抜かれてぺったんこになり、脳の保管庫に収められているわけです。

せっかく学んだ英語を容易に使うことができない状態があるのは、これが理由です。容易に取り出すことができないのです。

英語を新しく学ぶ必要はありません。皆さんが今まで学ばれた英語の知識で十分に英会話を楽しむことができます。

そのためにケンペネEnglishで提案しているのは「エアーアウト」という作業です。

簡単に言うと、圧縮袋の中にある英語の知識や単語を取り出すために、圧縮袋を開けて、空気を入れてブワ〜っと広げてみることです。
空気を入れてあげると、過去に学んだ英単語やフレーズをどんどん思い出すことでしょう。
最初はカタカナ英語でも、綴りがわからない英語でも大丈夫です、どんどん使ってみることが大切です。

英語を一から学ぶ必要がないこと、知っている英語を使い始めることをケンペネEnglishでは提案しています。
せっかく学んだ英語を過去のものにしておくのは残念だと思います。

是非、ケンペネEnglishでご一緒できればと思います。

興味のある方はご連絡くださいね!

See You Then!