海外旅行の食事のときに使える英語フレーズ集

「せっかく英会話を勉強しているなら、海外旅行に行って実践したい!」というかむしろ、「海外旅行をもっと楽しむために英語が話せるようになりたい!」という方も多いのではと思います^^

そこで今回は、海外旅行の楽しみの1つである「食事」の場面でめちゃめちゃ使える英語フレーズをまとめました!注文するところからお会計まで、網羅しています^^ ぜひ、使えるようになって海外旅行をエンジョイしましょう♪

1.「〜ください」

・Can I have~?(Could I/May I でもOK)
・Can I get~?(Could I/May I でもOK)

・I’ll have~

・I’ll go with~

*これらの言い方は違いますが、どれも「〜ください」を意味し、あまり違いなく使われます。

2.「〜アレルギーです」

・I’m allergic to~

・I have an allergy to~

*形容詞 “allergic” と、名詞 “allergy”の発音の違いに注意!“allergic”は真ん中を強く読み、“allergy”は最初を強く読みます。

*参考*(主なアレルギー食品の言い方)

・卵→egg

・牛乳→dairy/milk

・小麦→wheat/gluten

・甲殻類→(crustacean) shellfish

・果物類→fruit

・ソバ→buckwheat

・魚類→fish

・ピーナッツ→peanuts

・魚卵→fish roe(fish eggsでもOK)

・大豆→soybeans

・ナッツ類→tree nuts

・肉類→chicken, pork, beef

3.「〜は抜いてください」

*ピザの玉ねぎを抜いてほしい場合

「このピザを玉ねぎ抜きでお願いします」

・Can I have this pizza without onion, please?

* “without~” で「〜なしで」を意味します。

・I’ll have this pizza with no onion, please.

*“with no~” は “without” と同じ意味で「〜なしで」を表します。

・I’ll have this pizza. But no onion, please.

*シンプルに、”No onion, please.” でも伝わります。

4.「〜を少なめにしてください」

*グリーンカレーのご飯を少なくしてほしい場合

“I’ll have this green curry.” のあとに

・Can I have less rice, please?

*“less ~” で「少なめの〜」です。

・Can I have a smaller portion of rice, please?

*ここで “portion” とは、「1人前の量」のことです。 “a smaller portion of” で「より少ない量の〜」です。

・Can I have a half portion of rice, please?

半分と言いたいなら “a half portion of ~” で表現できます。

5.「辛さ控えめにしてください」

*グリーンカレーの辛さを控えめにしてほしい場合

“I’ll have this green curry.” のあとに

・Less spicy, please. 

・Not too spicy, please.

*“Not too~ “ で「〜過ぎない」つまり、「〜控えめの」の意味になります。

・Can I have it mild, please?

*「マイルド」は日本語でも使いますよね。英語での意味は、「辛さ、味つけなどが控えめの」です。

1 Point Plus★

“spicy” ではなく“hot” でもOK。ニュアンスとしては、“hot” は唐辛子系の「辛い」であるのに対し、 “spicy” はもっといろんなスパイスが入った感じの「辛い」です。

6.「〜は注文していません」

・I didn’t order this.「これは注文していません。」

・It’s not what I ordered.「それは私が注文したものではありません。」

*「オーダーしたときの発音が悪かったかな…(T T)しょうがないか…」と我慢せず、注文したものと違うものが来たら、遠慮せず、はっきり違うと伝えましょう。きちんと伝えれば、対応してくれるはずです!

7.「追加のお取り皿/ナプキンください」

・Can I have an extra plate, please? 「追加のお皿を1枚いただけますか?」

・Can I have two more plates, please?「追加のお皿をもう2枚いただけますか?」

・Can I have some extra napkins, please? 「追加のナプキンを数枚いただけますか?」

* “extra”は「余分の〜、追加の〜」を意味します。

1 Point Plus★

「お皿」を表す単語は “plate” と “dish” がありますが、“dish”というと、「お皿にのったお料理」のことや「お皿全般」を表し、“plate” は「お料理がのる1枚1枚のお皿」を表します。

8.「美味しかったです」

・The food was ~!

*~に入る「美味しい」を表す頻出形容詞

・delicious

・great

・amazing

・fantastic

・tasty

・wonderful

*カジュアルに「美味しい」を表す形容詞

・yummy 子どもっぽい言い方に聞こえるため、子どもや女性が使うイメージです。

・awesome カジュアルなスラングで「やばい、すごい、いけてる」を表します。

9.「料理に〜が入っていました」

・A hair was in my dish.「私の料理に髪が(1本)入っていました。」

・A bug was in my dish.「私の料理に虫が入っていました。」

・Something was in my dish. Look at this.「私の料理に何かが入っていました。これ見てください。」

*I found ~ in my dish.でもOK

10.「シェフに〜と伝えてください」

・Please tell the chef all the food was amazing.「シェフにお料理全部美味しかったとお伝えください。」

・Please tell thanks to the chef.「シェフにありがとうと伝えてください。」

*“tell ~ to the chef” “tell the chef ~” 〜に伝えたい内容を入れます。英語は、長い内容の塊は文の後ろに来るため、伝える内容が1語のように短い場合は “tell ~ to the chef” の形。長い場合は “tell the chef ~” の形になります。

11.スタッフが食事の途中で様子を見にきた時の表現

海外では食事の途中でよく、“Is everything okay?” のように店員さんが聞いてきます。そんな時も余裕の対応をしたいですね^^

・Yes, it’s really good, thanks.「はい、とても美味しいです。ありがとう。」

・Yes, we are okay, thanks.「はい、大丈夫です。ありがとう。」

*問題や言いたいことがあれば、9や12や13のようにはっきりと伝えましょう^^

12.「温度を上げていただけますか?/下げていただけますか?」

◯単に暑い、寒いをお伝えするなら↓

・It’s a little cold/hot.「少し寒い/暑いです。」

・It’s too cold/hot.「寒過ぎます/暑過ぎます。」

◯温度を上げる/下げるようお願いするなら↓

・Can you raise the temperature? 「温度を上げていただけますか?」

・Can you lower the temperature? 「温度を下げていただけますか?」

・Can you turn up the AC?「エアコン(の設定温度を)上げていただけますか?」

・Can you turn down the AC?「エアコン(の設定温度を)下げていただけますか?」

*AC=air conditioner 「エアコン」を省略した言い方

◯そもそもエアコンがついていなかったら…

・Can you turn on the AC?「エアコンをつけていただけますか?」

・Can you turn off the AC?「エアコンを消していただけますか?」

13.「〜は持ち帰れますか?」

“I can’t eat this all, so…”「これ全部食べられませんので…」と言った後に

・Can I take it home?「それを家に持ち帰れますか?」

・Can I have a box for this?「これのための箱をいただけますか?」→「持ち帰り用の箱いただけますか?」

1 Point Plus★

“Can I have a doggy bag?” という表現を聞いたことがある方もいるかもしれません。この表現でも通じると思いますが、少々古くさく聞こえてしまうため、上で紹介した表現の方がおすすめです^^

14. お会計時の表現

・Check, please. / Bill, please.「お会計お願いします。」

*“Can I have the check?/Can I have the bill?” の方が丁寧。「請求書」はアメリカでは “check”イギリスでは “bill”を使います。

・Can I pay by credit card(cash)?「クレジットカード(現金)で払えますか?」

*“pay by~” で「〜で払う」です。

・Keep the change.「お釣りは取っておいてください。」

*アメリカではチップを払うのが常識です。お釣りがちょうどチップくらいの値段だったら、この表現を使ってチップを払ってもいいですね。

ちなみにアメリカでは、座って食べるレストランだと平均して全体のお会計の15~20%をチップとして払う必要があります。…結構高いですよね^^;

まとめ

お気づきかもしれませんが、ご紹介した表現には “Can I ~?” そして “Can you~?” がたくさん出てきましたよね。その他の表現も、使われているフレーズや文法はどれも中学校で習ったようなシンプルなものばかりです。

自分に必要な単語や表現、起こりそうな会話を想定して言えるようにしておけば、いざ海外旅行に行った際も焦ることはなくなるはず^^

海外での食事の際、短く簡潔に、相手に言いたいことを伝えられるように練習しましょう!

【海外旅行の必須アイテム】―話題のマルチリンガル翻訳機「KAZUNA eTalk5」を使ってみました!

驚くべき最先端の機能が多数搭載!マルチリンガルAI翻訳機─KAZUNA eTalk5

Happy New Year!

みなさん、新年あけましておめでとうございます。

ケンペネールしずこです^^

今年もケンペネEnglishをどうぞよろしくお願いします。

今回は、新年早々みなさんにお知らせしたいことがあります。

それは…英語学習の手助けにもなる優秀な「翻訳機」のご紹介です。

翻訳機が英語学習にどう役立つの??

という疑問をお持ちの方、気になりますか?

ぜひ最後までお付き合いください^^

旅行先で大活躍した「KAZUNA eTalk5」─そのビックリな3つの機能

実は私、昨年12月に娘2人とヨーロッパへ旅行に行ってきたのですが

そのときにフランスも訪れたんですね。

そこで問題となるのが言葉の壁!

「ヨーロッパはどこへ行っても英語が通じる」と一部の日本人の方々

は思いがちなのですが、

今回訪れたフランスは意外とそうでもない地域が多いのです。

フランス人は自国の文化や言語をとても大事にする国民として知られ

ており、地域によっては英語を話せない(話さない?)ところも多数

あります。

ですので

フランスに行くならばフランス語が話せなくては困惑する場面が

いっぱい出てきます。 さて困った…

しかし

そんなときに大いに役に立ったのがコレ!「KAZUNA eTalk5」です。

今回ご紹介する翻訳機─KAZUNA eTalk5です
サイズは少し小さめのスマートフォンといった感じでとても持ちやすい

「マルチリンガル翻訳機」とも言われており、その名に恥じない多機能ぶり

ですが、

中でも私が最も感動したのが下の3つでした!

  • しゃべって翻訳
  • 撮って翻訳
  • メモリ機能

・しゃべって音声翻訳

結論から言うと…

これでコミュニケーションの不安は解消できます♪

音声を機械に吹き込むと、 設定した外国語に自動翻訳してくれる機能です。

対応言語は驚異の72言語!!

もちろんフランス語も対応していたので、 タクシーに乗ったり

ちょっと道を尋ねたりするときはとっても心強い味方になりました。

相手が外国語を話した際もこれを使えばきれいな 日本語に

訳してくれます。

・ 撮って翻訳

KAZUNA eTalk 5にはスマホのようにカメラ機能が付いており、

写真に写った文字をそのまま翻訳してくれる機能があるんです!

旅では話し言葉だけではなく、「外国語を読まなくちゃいけない」

シーンもたくさんありますよね。

レストランでのメニュー、道路の案内標識、 駅の電子案内板、 また

街中の看板なんかがそうです。

あと日本には中々ない「危険地帯」の標識とか^^;

でもこの機能さえあれば、大丈夫!

パシャっと撮ってパパっと母国語に翻訳。

わずか数秒で悩みは解決です♪

こちらは英語、フランス語、中国語を含む 8言語に対応しています。

・メモリ機能

その名の通り、

よく使う表現をメモリとして保存しておくことができちゃいます!

例えば…

街中での「〇〇はどこですか?」やレストランやカフェでの

「〇〇をください」といった表現は海外旅行中の代名詞と

なっていますよね。

こうした一度使ったフレーズを「お気に入り」の中に保存

しておくことができるので、同じセリフを何度も言わなく

ても次からは再生するだけで相手に通じちゃいます。

これらの機能のおかげで道に迷うこともなく、美しい観光スポット

とおいしい料理やワインを満喫することができましたー(^∀^)

いやー驚きました(゚Д゚)

翻訳機ってここまで進歩していたんですね!

Wi-Fiルーターにも変身─インターネットも使えちゃう

さらにさらに

もうひとつ現代には欠かせない機能も備わっています。

このKAZUNA eTalk5

翻訳機として使わないときはWi-Fiルーター(インターネットに

つなぐためのネット通信機となる装置)にもなるんですね。

同梱のSIMカードを挿入すれば、国内外問わずインターネットに

接続することができるのです!

海外ではわからないことも多く、ネットがないととても不便

ですからね^^;

この機能はとっても助かりました^^

「翻訳機能」、「カメラ機能」、「ネット通信機」

と何でもアリのまさに新世代マルチバイリンガルマシーン!

これなら外国語が苦手な方でも海外旅行で怖いものナシ♪

安心して旅行が楽しめますね♪

写真を見てもわかる通り、コンパクトで軽いし持ち運び

だってラクラク♪

操作もカンタンなので機械系が苦手な方 にもおススメです♪

このような強い見方と一緒に是非、海外旅行を楽しんでみてくださいね!

英語学習としても使えるKAZUNA eTalk5

ところで

英語学習をされている方ならこの機能でピンときた方もいるのでは

ないでしょうか?

そう

KAZUNA eTalk5は英語学習にも役立つんです!

「しゃべって翻訳」は音声と発音(ヒアリングとスピーキング)に:

音声を繰り返し聴くことにより、リスニング力が大いに向上

しますし、ご自身の発音が正しいかどうかもチェックできます。

「撮って翻訳」は文字と文章(リーディング)に:

単語や文章を読み取ることができるので、 リーディングスキル

を磨くには最適かもしれませんね♪

どちらもスキマ時間に簡単に実践できるものです。

またメモリ機能もあるので、ご自身が納得のいくまで 何度でも

繰り返し復習ができて、自然に継続できそうですよね!

ピンときた方もそうでない方も

ぜひケンペネEnglishと併せて使ってみてくださいね♪

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

それではみなさん

今年もいい年にしていきましょうね~ノシ

ByeBye

海外旅行で必ず使える会話パターン②★

Hello! サポート講師のYuriです♪

前回は、海外旅行に行った際に必ず使える会話パターンの1つめ、【日本についての話題になるパターン】をいくつかご紹介させていただきました^^ 自分の出身地について、簡単に話せる話題を準備しておくのがポイントでした☆ 今回は、もう1つの【旅先の話題になるパターン】を見ていきたいと思います!

海外で出会った方に“Where are you from?”と聞かれ、“I’m from Japan.”と答えた後の続きの会話、どんな流れが思いつくでしょうか?^^ 日本好きな人は、日本の話題になるかもしれませんが、『自分の国について海外の方がどう思うのか』というのは誰しもが気になるところですよね。

旅先の話題になるパターン①旅の目的やきっかけの話題になる

“What brings you here?” または、“What brought you here?”

bringは「〜を持ってくる」という意味なので、文字通りの意味は「何があなたをここまで持ってくるの(きたの)?」です。つまり、「何がきっかけでここに(旅行先)に来たの?」とか「何をしにここに来たの?」という意味なんですね。ちなみに、“Why did you come here?”と言うと「いったい何しにここに来たの?(¬_¬)」みたいな感じに聞こえてしまい、失礼に思われることがあるので、ネイティブの方は“What brings (brought) you here?” をよく使います。

旅のきっかけや目的を聞かれたら、答え方はさまざまだと思いますが、例えば何かを見にきた(人に会いにきた)のであれば、 “I came here to see/visit ~.” が使えます♪

・世界遺産を見にきたんだ→ “I came here to see/visit some world heritage sights.”

・友達に会いにきたんだ→ “I came here to see/visit my friend.”

そのあとに、”Yosemite National Park was amazing!”(ヨセミテ国立公園がすごかった!)のように何か一言感想などをプラスすると会話が広がりますね!^^

スポーツの試合や、劇など動くものを見る場合は、“watch”を使います♪

・NBAの試合を見にきたよ→ “I came here to watch NBA games.”

“I’m a big fan of ~.”(〜の大ファンなんだ)などの一言をプラス! “How was the game?”(試合はどうだった?) “Did you see the player(him)?”(その選手は見られた?)などの会話が展開されてきそうですね^^

旅先の話題になるパターン②これまでの感想を聞かれる

「日本から来たんです」と言ったら、 (1)“How long are you here for?” や、(2)“How long have you been here?”と、滞在期間を聞かれるパターンも多いです。この2つの質問は同じようで実は聞いている内容が少し違うので、どっちだったかよく聞いて答えましょう!

(1)は、ここに(トータルで、もしくはこれから)どれくらいいるんですか?と聞いているので、例えば、“Another week.”(もう1週間いるよ)とか、“I’ve been here for a week, and I’m leaving here tomorrow.”(今1週間滞在したところで、明日ここを発つよ)のように答えます。

(2)は、ここに(現時点で)どれくらい滞在しているんですか?という意味なので、“I’ve been here for 2 weeks.”((現時点で)2週間いるよ)のように答えます。

その後は、じゃあ今までの滞在はどうだった〜?のように質問されることが想定できますね^^ 例えば、“Are you enjoying it(滞在先) so far?”(これまで(滞在先を)楽しんでる?)とか、“How do you like it (滞在先) so far?”(これまでのところ(滞在先)はどう?)と聞かれます。

せっかく質問されたのに「ええと〜・・・It was good…」だけで終わってしまったら残念…^^; そうならないためにも、旅行先で気に入った場所、それがどうよかったのか、美味しかったもの、その他気に入ったこと、驚いたことなどを、短い文で簡単に言えるように準備しておけば、あとはそれらを積み木のように並べ替えて言いたいこと順に話すだけ!シンプルな文で伝えるだけでも十分に会話が弾みます♪

何かの感想を伝える時にめちゃめちゃ使える簡単表現を少しまとめておきます^^

色々な言い方がありますが、自分が確実に言えるパターンをストックしておくと話しやすいですね。

・「〜が気に入った」

“I like(d)~” / “I love(d)~”

・「〜が素晴らしいです!」

“~ is amazing/ wonderful/ great/ awesome!”

・「〜に/〜のときに驚きました」

“I was surprised at~/when~”

(会話例です↓)

A: Where are you from?(どこ出身ですか?)

You: I’m from Japan. (日本です。)

A: Japan! How long are you here for?(日本ですか!ここにはどれくらいいるんですか?)

You: I’ve been here for 2 weeks, and I’m leaving this Saturday. (今2週間滞在していて、今週の土曜日に発ちます。)

A: Oh, wow. That’s pretty long. Are you enjoying Chicago so far?(へ〜。結構長いですね。シカゴはこれまでのところ楽しんでますか?)

You: Yes, very much! I love the food here. Chicago pizza is amazing.(はい、とても!ここの食べ物が好きです。シカゴピザは素晴らしいですね。)

A: I’m glad you like it. I hope you enjoy the rest of your stay here!(気に入ってくれてよかったです。残りの滞在も楽しめるといいですね!)

旅先の話題になるパターン③天気の話題になる

日頃、「暑いねー」「だねー」だけのような会話をしょっちゅうしていると思います^^ このように、『天気』というのは世界共通の話題です。

以前タイに行った時に、たまたま目的地が一緒だったスペイン人の2人組とタクシーに相乗りしたことがありました。気温が35度超えでみんなへばっていたので当然天気の話題になりました^^

その時言われたのがこちら!↓

“It’s so hot here! Does it get this hot in Japan, too?”(ここはすごく暑いですね!日本でもこんなに暑くなりますか?)

まあ今は暑くないけど、真夏はこれくらいになることもあるかな^^; と言いたいときはこんな感じ↓

“It’s not hot now, but it gets as hot as this in midsummer.”

もし、暑いし湿気も多いよ〜と伝えたい時はこんな感じ↓

“Yeah, and it’s humid, too.”

ちなみに、逆にそっちの天気はどうなの?と聞きたかったらこのように言います。

“What’s the weather like in Spain?”(スペインの天気はどんな感じですか?)

このlikeは「〜のような」の意味で使われるlikeです。

天気の話題でめちゃめちゃ使える形容詞をまとめておきます^^

“It’s +形容詞”で、どんな天気・気候であるかを伝えることができます。

“It gets +形容詞”で、そういう天気や気候になるということを伝えることができます。

気温系

hot(暑い), warm(暖かい), chilly(肌寒い), cold(寒い), freezing(凍るくらい寒い)

天気系

sunny(晴れの), cloudy(曇りの), rainy(雨の)

快適/不快系

perfect(完璧な), nice(いい感じ), humid(湿気が多い), muggy(蒸し暑い)

ぜひ使ってみてください♪

めちゃペラペラは、ちゃんと準備できているから

「この人、めちゃペラペラじゃん!(◎_◎;)」ていう人は、実は会話パターンを知っていてちゃんと準備できているから^^ 旅行先についても、場所や食べ物などについての感想と天気について、簡単な言葉で伝えられるようにしておけば、必ず会話がはずむはず♪

最初は思ったようにいかなくても、数を重ねていけば、ご自身でもパターンがつかめてくると思います。ぜひ、このパターンをマスターして、実際に海外に行かれた時に実践してみてください^^ 

では! Have a good one!

海外旅行で必ず使える会話パターン①★

Hello! サポート講師のYuriです♪

せっかく英会話を勉強しているんだから、海外に行って自分の英語を試したい!って思う方も多いですよね^^ 今回は、そんな方にはぴったりの、『海外で必ずといって良いほど使える会話パターン』をご紹介します!

大学生のときから、「1年に1回はどこかしら海外に行く!」と決めていました。とはいえ、そんなにお金があるわけではないので、いかに飛行機代とホテル代を安くするかを模索して格安貧乏旅行をしています(笑) 今まで、ヨーロッパ・アジア・北米・オーストラリアの国々に行ってきましたが、どこに行っても、誰かしら現地の方とお話しする機会がありました^^

想像してみてください!あなたは、アメリカのおしゃれなカフェに入りました。そのカフェはあまりお客さんがいなくて、店員さんは暇そうです。店員さんが、あなたにを興味深そうな視線を送っています。はい、ここでその店員さんはあなたになんて話しかけてくるでしょうか?

・・・はい、こちらです!

“Where are you from?” もしくは “Where are you visiting from?”

「出身はどこですか?」とか「どこから来たんですか?」これは聞かれることがめちゃめちゃ多いです^^

そう聞かれたら “I’m (We’re) from Japan.” のように答えますよね。ここまではいけるけど、その後会話が続くか自信がない…という方もいらっしゃるかもしれません^^; 何度もこのような初めましてのやりとりをしていたら、その後の会話のパターンが見えてきました!今回は、この後の会話パターンの1つ【日本についての話題になるパターン】をいくつかご紹介します^^

パターン①出身地について深掘り

例えば、“Oh, where in Japan?”(へ〜日本のどこ?)と、もっと詳しく出身地を聞いてくることがあります。 ある程度日本について知っている方や、日本に行ったことがある方かもしれないですね。

東京や京都は大体の方が知っていますが、私の場合は愛知の田舎なので、「名古屋だったら分かるかな?」と希望をもって “I’m from Nagoya.” と言ってみます。しかし悲しいことに、経験上多くの場合 “Where is it?”と聞かれてしまいます…(´・_・`)

なので、私のように地方の出身の方は、 “I’m from (出身地).” に加えて、 “It’s around the center of Japan.” (日本の真ん中あたりにあります)や、 “It’s between Tokyo and Kyoto.” (東京と京都の間にあります)のように、日本のどこにあるのか一言説明を加えるのがオススメです♪ あとは、その土地の美味しいの食べ物や行くべき場所を教えてあげるとより会話が広がりますね^^

(会話例です↓)
※Aは初めましての海外の方
A: Where are you from?(出身はどこですか?)
You: I’m from Japan.(日本です。)
A: Oh, I like Japan. Where in Japan?(あ〜日本好きですよ。日本のどこですか?)
You: Nagoya. Do you know where it is?(名古屋です。それがどこか知ってますか?)
A: I think I’ve heard of it, but I’m not sure.(聞いたことあると思うけど、自信ないです。)
You: It’s between Tokyo and Kyoto.(東京と京都の間にあります。)
A: I see.(そうなんですね。)
You: Foods in Nagoya are really good.(名古屋の食べ物はとても美味しいですよ。)
You: Oh, really? (へ〜そうなんですか。)
A: I hope you’ll visit there someday. (いつか訪れることを願っています=いつか行ってみてね。)

名古屋めしが美味しいことを伝えたら、どんなものがあるのかを説明できればより会話が盛り上がりますね^^ ご自分の出身地のオススメの食べ物や、観光地などの説明はあらかじめできるようにしておくと、かなり使い回しできますよ♪

パターン②日本にいつか行ってみたいな

海外で日本食がブームになっていたり、外国人観光客もとても増えたりしていますよね。ということで、日本に興味がある海外の方はたくさんいらっしゃいます。そんな方は、”Japan” と聞いて、次に何を言ってくるでしょう?

例えば、“I have always wanted to go there.”(そこに行ってみたいんだよね。)

そう言われたら、先ほどの地元のおすすめを教えてあげる会話に繋げてもいいし、「春に行ったらいいよ」のようにオススメの時期を教えてあげるのもいいですね^^ こんな言い方があります。“Spring is the best time to go.” / “You should go there in spring.”

さらに、春に行ったら何ができるのかを教えてあげるとより喜んでもらえると思います。 “You can see the beautiful cherry blossoms.” (きれいな桜が見えますよ)のような感じです^^

(会話例です↓)
A: Where are you from?(出身はどこですか?)
You: I’m from Japan.(日本です。)
A:Oh, I’ve always wanted to go there. (へ〜、行ってみたいんだよね。)
You: You should go there in spring. You can see the beautiful cherry blossoms.(春に行くといいですよ。きれいな桜が見られますよ。)
A: Oh, okay. I have to remember that. (へ〜そうなんだ。覚えておかなきゃ。)
You: I hope you make it out there someday.(いつか行けることを願っています=いつか行ってみてくださいね。)

最後に一言、日本に来てほしいな〜、来てね〜のようなことをお伝えしたいですね♪

日本についての話題になるパターン③行ったことがある/知り合いが住んでる

中には当然、日本に行ったことがある、もしくは、知り合いが住んでるという方もいます。そんな方に、 “I’ve been there.”(行ったことあるよ)だとか、 “Oh, my friend lives there.”(友達が住んでるよ)と言われたら、先ほど出てきた質問を、逆にしてみましょう!

“Oh, really? Where in Japan?”(あ〜そうなんですか!日本のどこですか?) “Where did you go?” でももちろんOK!そうしたら、日本の大阪に行ったよ〜だとか、友達は京都に住んでるよ〜と教えてくれると思います。そしたら、その地域についての知識をちょっとシェアしてあげるといいですね^^

もっと聞きたい!というときは、 “How did you like it?”(そこはどうでしたか?)と感想を尋ねてみましょう。さらに会話が広がりますよ♪

(会話例です↓)
A: Where are you from?(出身はどこですか?)
You: I’m from Japan.(日本です。)
A: I’ve been there. (行ったことありますよ。)
You: Oh, really? Where in Japan?(そうなんですか?日本のどこですか?)
A: Osaka.(大阪です。)
You: How did you like it?(大阪はどうでした?)
A: Food was amazing! I want to go back.(食べ物が素晴らしかったです!また行きたいです。)
You: I’m glad you had a great time. I hope you visit Nagoya next time!(いい時間が過ごせたようで嬉しいです。今度は名古屋に来てくれることを願っています=今度はぜひ名古屋に来てください!)

と最後に言えば、また自分の地元の話を展開できますよね^^

よく出る話題を話せるように準備

せっかく海外で話すチャンスが来た!そんなとき、話したいことはたくさんあるはずなのに、すぐに出てこずあとで後悔…したくないですよね^^; よく出る話題を話せるように準備しておけば、「あれ?私結構話せてるじゃん♪」と英会話がさらに楽しくなるはず^^

・自分の出身地と有名地について(オススメの食べ物・場所)

・日本に行くオススメの時期と理由

これだけを押さえておくだけでもかなりちがいます!ぜひ、参考にしてみてくださいね。また次回は、違う会話の流れのパターンもご紹介いたします^^ では!Have a good one!

アメリカに行く前に知っておきたい便利表現!

Hello everyone! 英語講師のYuriです♪

英語を勉強したからには、海外に行って実際に外国の方とお話してみたい!とくにアメリカに行きたいなって人も多いのではないでしょうか^^

私は大学生3年生の頃、友達と初めてアメリカに旅行に行きました!

その時のドキドキワクワク感をすごく覚えています^^その時に「あ〜これ前もって知っておけばよかったな」と思ったことを、今回はシチュエーション別に少しシェアさせていただきます♪

まず、アメリカでよく困るシチュエーションといえば・・・トイレ!なんです(>_<) 日本では、お出かけをしたとき、トイレに困るなんてことはほとんどないですよね。困った時にはコンビニ・デパート・スーパーなどに行けば使うことができます。これを当たり前だと思わないでください・・・ アメリカのトイレは、鍵がついていたり、コードが必要だったりするんです!(゚o゚;; 日本の便利さは神・・・ そこで、トイレに関わる便利表現を見ていきましょう♪

トイレに行きたい時使える表現

トイレの場所を尋ねる表現

“Where is the restroom?”(トイレはどこですか?)

まずシンプルに、トイレの場所を尋ねる表現はマストですね!

レストランやカフェなどにあるトイレは “restroom”と言います。 “toilet” というのはアメリカでは「便器」を表すのであまりオススメしません^^; また、“bathroom” もよく聞くと思いますが、これは家にあるトイレを指すので、お店では “restroom” を使いましょう^^

さてさてトイレには着いたけれど、鍵がかかっているorコードがいる!というときには、

店員さんのところに戻ってこう聞きましょう。

トイレの鍵・コードをもらうための表現

“What is the code for the restroom?”(トイレのコードは何ですか?)

“Do you need a key for the restroom?”(トイレに鍵は必要ですか?)

こう聞けば店員さんが鍵をくれるか、コードを教えてくれます。

しかし中には、何かを注文しないと教えてくれないなんてお店も結構あるんです(TT)

そんな時は、とりあえずか何かを頼みましょう。もしくは、誰かがトイレから出てくるのを見計らって出てきた瞬間入る、なんて荒技もありますが(笑)

レストランでよく使う便利表現

注文時に使える表現①

“I’ll have the ~” 

(例)I’ll have the cheese burger. (チーズバーガーをください。)

シンプルに使える表現ですね!

注文時に使える表現②

“Could I get the ~?”

(例)Could I get the tuna sandwich?(ツナサンドイッチをください。)

Canの過去形Couldです。もちろんCanでもOKです^^ Couldの方が丁寧表現ですが、注文時に使う時はそこまで違いがないように思います。

オススメを聞きたい時に使える表現①

“What do you reccomend?”(オススメは何ですか?)

ただし、これを聞いてしまうと、「じゃあどんなものが食べたい気分?辛いものが好き?甘い方が好き?・・・」など色々聞かれて戸惑ってしまうかもしれません^^; (もちろんどんどん会話したい人はOK!!)

オススメを聞きたい時に使える表現②

“What’s your most popular dish?”(ここの一番人気の料理は何ですか?)

あれこれ聞かれると困るな、という方はこちらの方がいいかもしれません。これを聞けば、お店の一番人気メニューを教えてくれるはずです!

食べきれなかった時に使える表現

アメリカといえば、とにかく料理の量が多い!^^;

私も最初にニューヨークのイタリアンの店に友達と2人で入ったとき、日本の感覚でパスタとサラダとピザを1つずつ頼んだらえらいことになりました(笑)

よく店員さんから “Would you like a box for this?”(これを持ち帰る用の箱はいりますか?)

と聞かれますが、自分から聞きたいときは次のように言います。

“Can I get a box?” めちゃめちゃシンプルですよね^^

※doggy bagという言葉もありますが、最近は単にboxと言う方が多いです。

スーパーでよく使われる表現

レジでよく使う表現①

日本もキャッシュレス化が進んでいますが、アメリカでは日本より圧倒的にカードが使えるお店が多いと思います。

そこで!カードを使おうと思ったときにこう言われることがあります。

【店員さん】 “Can you use the chip?”

私の最初の反応は「なんのこと・・・?」でした^^; これは、カードについているICチップのことなんですね。カードを読み取る際、スワイプする方法と、差し込む方法があります。ICチップがある場合は差し込む方が安全なので、そちらを使うようにという意味で “use the chip” と言われます。

レジでよく使う表現②

【店員さん】“Do you have a reward card?”

rewardとは「報酬、ご褒美」の意味です。つまり、ご褒美カードですね(^_^) あれば割引になったりポイントがたまったりします。なるべくお得に賢くお買い物したいですよね♪

レジでよく使う表現③

“Can I get a receipt?”(レシートもらえますか?)

レシートが欲しいときは、こう聞けばOK!つづりにあるpは発音しません。

一番重要なことは、とにかく話してみること

学んだ英語を実践するときは、ドキドキすると思います。「ちゃんと伝わるかな?」「聞き取れるかな?」と心配になる気持ちはとても分かります。

しかし、一番重要なことは、とにかく話してみること!

言いたかったことが言えなかったとしても、勇気を出して話してみた結果だったら「次同じシチュエーションにあったらこう言おう。」と反省して成長することができます^^ 私もこの反省を繰り返して、話せるようになっていきました。

Have the courage to speak up! But remember to enjoy speaking English♪ Bye!