片言でも十分通じる!カタカナ英語をネイティブ変換する方法

和製英語と呼ばれる「カタカナ英語」が日本語にはたくさんあります。

もちろん、カタカナで書く言葉が全部「英語」を語源としたものとは限りません。オランダ語、ドイツ語、ポルトガル語など、様々な国から入ってきた言葉を「日本語」として使いこなしてきた日本人ってすごいなって思います。

たくさんの海外の言葉を取り入れているにも関わらず、日本人の外国語に関する自信のなさは世界一なのではと思うほどです(°_°)

通常使っている「カタカナ英語」「カタカナ単語」がそのまま英語圏の方に通じると便利だと思いませんか?

英単語を綺麗に話すには、アルファベットの音を一つ一つ学ぶのが一番いい方法だと思っていますが、咄嗟に口から出てくるカタカナ英語を、英語に近い発音で発声する秘訣をお伝えしたいと思います。
[s_ad]

カタカナ英語を英語発音にする秘訣

①50音をローマ字で描く

まず・・50音をローマ字で描いてみます。
a i u e o この母音音はケンペネEnglishでも本名読み、ニックネーム読みとしてお伝えしているのでここでは割愛します。

では・・

か行です。

ka ki ku ke ko

さ行

sa si su se so

た行

ta ti tu te to

このように50音全部をローマ字にしてみます。

②母音を全部とる

そしてこれらの母音を全部とってみます。

するとk だけ、sだけ、tだけ、のように 

母音を含まない音、詰まった音が残ります。

ひらがなは、一つ一つに母音がついているので、カタカナ単語にしてもそれぞれの音に「母音」をつけてしまうのが和製英語として定着しています。

英単語では、母音となる音一つと、それを囲むいくつかの子音で音の塊を作っていて、長い単語はその「塊」がいくつか連なっています。

[dog]の最後の音をguと発音しないで、詰まったgという音を意識的に使うと、より英単語の発音に近くなるし、[mat]も最後のtをローマ字のtoと言わないで母音を含まない詰まったtの音で終わるようにするとより英単語に近くなります。
これで完璧な英単語発音になるのではなく、より近い発音になると考えてください。

「完璧さを求めないコミュニケーション重視の英会話」では、この「よりわかりやすい発音」が使える要素になります。
[s_ad]

まとめ

今までに蓄積してきた「カタカナ英語」を、ちょっとしたテクニックで、より英単語に近い発音で使うことができると、英単語のボキャブラリーも大幅に増えると思います。

「英語わりと知ってるんだ!」って思ってくださる日本人が増えることを願っています!^^

英語で感情表現!ありがとうやごめんね、ちゃんと気持ちを伝えよう

日本語でも、「ありがとう」と「ごめんなさい」をきちんと伝えることは大切ですよね。「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えれば、周りの人とのコミュニケーションが円滑になるということは、誰しもが共感できるのではないでしょうか。

例えば、英語が流暢に話せなくても、海外のレストランで料理を出された際、店員さんに “Thank you!” と一言伝えるだけで、笑顔を向けてくれると思います。そんな「ありがとう」や「ごめんなさい」の言い方をマスターしましょう♪

感謝を伝える表現

①thank を使う表現

1.Thanks! → カジュアルに「ありがとう」

(例文)
A: Tom, your performance was amazing.「トム、演技すごくよかったよ。」
B: Thanks, Bob!「ボブ、ありがとう!」

2.Thank you + 程度を表す表現 →「(とても)ありがとう」

(例文)
A: Hey, you dropped your wallet!「ちょっと、財布落としましたよ!」
B: Oh! Thank you so much! 「わあ、ありがとうございます!」
A: Okay, I’ll give you a second chance. 「よし、2度目のチャンスをやろう。」
B: Thank you very much!「ありがとうございます!」

3.Thank you for + 名詞 → 特定のことに「ありがとう」

(例文)
・Thank you for your support.「サポートいただきありがとうございます。」
・Thank you for your help.「助けていただきありがとうございます。」
・Thank you for the present. 「プレゼントありがとう。」
・Thank you for your e-mail.「メールありがとう。」
・Thank you for the reply. 「お返事ありがとう。」

4.Thank you for + 動名詞(~ing) → 特定のことをしてくれて「ありがとう」

(例文)
・Thank you for sending me the picture.「写真を送ってくれてありがとう。」
・Thank you for giving me some good advice.「良いアドバイスをくれてありがとう。」
・Thank you for calling me.「電話してくれてありがとう。」
・Thank you for inviting me.「誘ってくれてありがとう。」
・Thank you for having me. 「受け入れてくれてありがとう。」

②appreciateを使う表現

appreciateは動詞で、「〜に感謝する」を表し、Thank you. に続きよく使われる表現です。appreciateの後は、人ではなく「何に感謝しているのか」を表す名詞(句)がきます。
(例文)
・I appreciate your kindness. 「ご親切にありがとう。」
・We appreciate your quick response.「早々のご返信ありがとうございます。」
・I appreciate your making the cake.「そのケーキを作ってくれてありがとう。」
※ × I appreciate making the cake. もしケーキを作ったのが相手の場合は、動名詞makingの主語を表すyour が必要です。

感謝されたときの返答例

①You’re welcome.

みなさん知っているであろう「どういたしまして」ですね^^

②Don’t mention it.

“mention” は「〜を言及する」という意味。「それを言及しないで」=「気にしないで。」といった感じです。

③It’s alright.

「大丈夫だよ、気にしないで」という意味です。

④No worries.

この “worry” は名詞で「心配事」の意味です。「心配事がない」=「心配ないよ、大丈夫だよ」の意味です。

⑤No problem.

「ありがとう」に対しても「ごめんね」に対しても使えますね。「問題ないよ、大丈夫だよ」です。

⑥(It’s) my pleasure.

“pleasure” は「喜び」。「私の喜び」つまり、「喜んで」という感じですね。

謝罪を伝える表現

①sorryを使う表現

1.(I’m) sorry. → 基本的な「ごめんなさい。」

(例文)
・I’m sorry. I lost your notebook.「ごめんなさい。あなたのノートなくしてしまいました。」

2. I’m so/ very sorry. → 強調して「ごめんなさい。」

(例文)
・I’m so sorry. I forgot your birthday.「めっちゃごめん。誕生日忘れてたよ。」

3. I’m sorry to + 動詞 →「〜してごめんなさい。」

(例文)
・I’m sorry to be late!「遅れてごめんなさい!」
・I’m sorry to bother you.「邪魔してすみません。」

4. I’m sorry (that) +文 →「〜でごめんなさい。」

(例文)
・I’m sorry that I couldn’t go yesterday. 「昨日は行けなくてすみません。」
・I’m sorry I’m late. 「遅れてごめんなさい。」※thatは省略OKです。

5. I’m sorry for + 名詞 / 動名詞(~ing) →「〜に対して(~して)ごめんなさい。」

(例文)
・I’m sorry for the late reply.「返事が遅くなってごめんなさい。」
・I’m sorry for making a mistake.「間違えてごめんなさい。」

②動詞apologizeを使う表現

1.I apologize (to 人) for +名詞 / 動名詞 →「(人に)~に対してごめんなさい」

(例文)
・I apologize for the mistake.「間違えてごめんなさい。」

謝罪されたときの返答例

①Never mind.

“mind” は動詞だと、「〜を気にする」という意味なので、 “Never mind.” で「気にしないで。」という意味です。

②Don’t worry.

先ほど名詞として “No worries.” と出てきましたが、 “worry” は動詞で「心配する」の意味もあります。「心配しないで、気にしないで」の意味ですね。

③It doesn’t matter. 

“matter” は動詞で「問題である」の意味。「それ(=謝っている内容)は問題ではない」つまり「大丈夫だよ。」となります。

④It’s OK.

こちらも「それ(=謝っている内容)はOKだよ。」つまり、「大丈夫だよ。」となります。

⑤It’s alright.

これも同じ!

まとめ

「ありがとう」「ごめんなさい」がきちんと言えるだけではなく、言われたときにもナイスな応答をしたいですね^^

そして、何に対してのありがとうなのかなど、具体的に内容を伝えることができたら、相手との仲も深まりそうですね!ぜひ、使ってみてください♪

パズル英文で簡単に話そう

英会話をする時、長文で話す必要はありません。

英文学を極めたい、英語の仕事をしたい、などの理由がないなら

長文を考える必要も、フレーズの構成で悩む必要もないと思います。

また、英語を長年勉強しているのに、なかなか英語が話せない人の多くは「文の構成」を複雑に考えすぎていることがあります。

日本語でも英語でも、小さな子供達が話し始めるのは「簡単なフレーズ」です。

つまり「基礎の文型」があるのです。

文型は「主語:Subject」「目的語:Object」「動詞:Verb」の3つの鍵になる言葉で表します。

Subject Object Verb の頭文字を使って、「SOV」と言う文型で、これが日本語の基礎文型になります。日本語以外にもこの文型を利用する言葉はありますが、英語は違います。

この違いは、日本人が英語を使いこなすことの妨げになっているのでしょう。

英語は SVOの文型を使います。

日本語:私は(S) バナナを(O)   食べます(V)

英語: 私は(S) 食べます(V)   バナナを(O)

このように並べ方が違ってきます。
英単語をパズルのように、文型を意識して並べてみます。

私はパーティーに行くでしょう。 party, go , will, I , to

私はパクチーが嫌いです。 coriander, I not , do, like

英単語をパズルの感覚で並べ替えて文にしてみてくださいね。

日本語を国語として勉強してきた私たちが、日本語の文法を気にしながら話さないように、英語を母国語とする人たちも、文法を意識しながら会話をしません。

基本、中学校で学んだ英文法とSOVをSVOに変換する感覚が身につけば、十分英語を話すことができます。
英語で多く使う文法は中学の3年間で学びます。それらを何度も繰り返して使うことが大切です。

何よりも英語に触れる機会を増やし、英語を使うことが大切です。

ここからも「今までの英語のインプットだけで十分なんだ」 「使い始めることが大切だ」とわかっていただけるのではないでしょうか?

英語は音のブロックでできている

日本語はひらがなの50音を覚えてしまえば、ひらがなや送りがなのある本なんかは読めてしまいますね。「なんで英語はそうじゃないんだ」とか、思ったことありませんか?

単語は暗記するものという概念は日本特有かもしれません。

なぜなら・・
実は英語もアルファベット一つ一つの音を学べば単語を見ただけで、発音が可能になります。

子供たちを教えているときに「この単語なんていうの?(How do you pronounce this word?)」と聞かれて、「サウンドアウトしてごらん(Why don’t you sound it out)」と促すことがあります。

これはアルファベットの音を一つづつ声に出して音にしてみることです。

アルファベット26文字のそれぞれに音があるわけです。

例えば:at は a の音と t の音を合わせて atになります。
catは atの前にcの音が組み合わされて catになるわけです。
atが綺麗に発音できると catは綺麗に発音できます。

同じように:bat , fat, hat, mat, pat, rat, sat なども綺麗に発音できます。

母音の音に長音と短音があることはケンペネEnglishでお伝えしていることです。

ケンペネEnglishでは、長音を本名音、短音をニックネーム音としてお伝えしています。

a は本名音なのでエーと伸ばして発音する音にもなります。上記のatに使われる母音の音はニックネーム音のアツと言う短い音ですね。

aがエーという本名音になるには、母音がもう一つ単語の中にあります。

例えば:eat eとaの二つの母音があるので、最初の音を本名読み(長音)で発音して、二つ目の母音aは静かにしてもらいます。するとイート。になるんですね。

「eatはイートだとわかるけど、aは発音しないのか?」と不思議に思ったことありませんか?これはw母音のルール「単語の中に母音が二つあるときは一つ目の単語を本名音で発音して二つ目の単語は静かにしましょう」があるからです。

eatが綺麗に発音できると

beat, heat, meat, neat, などもちゃんと発音できますね。

このように、アルファベットの音をブロックのように繋げて英単語は成り立っています。音を正確に覚えることで、綺麗な発音の英語で話せるようになり、聞き取るのも簡単になっていきます。

ケンペネEnglishで詳しくお話ししていますので、興味のある方は是非ごらんくださいね
では・・
See You Then!

英語を道具として使いこなすには?

「英語はコミュニケーションの道具」というコンセプトが理解できると、自転車に乗れた時に体験したような、走り始めると「スムーズ」な気分で、英語も使えるようになります。

マインドセットという言葉をご存知でしょうか?

思考形態と言われたり、習慣になった考え方という意味が一番近いかと思います。

英語を話すことへの「マインドセット」を作り上げていくことで「使いこなせる英語」になっていきます。

英語を話せる人の多くは、通訳者や翻訳者のように「職業」として英語を使う人や、事業を進めるのに必要なので使う人、友達が海外の方なので話す人、学校などで授業の一環で話す人などがいますね。

職業、学習、コミュニケーションなどと分けて考えてみると、それぞれ使う道具も違うように思います。

職業や事業で使う人には「プロの道具」が必要ですね

学習で使う人はプロの道具ほどでなくてもいいけど、ある程度品質の良い「セミプロの道具」がいるかもしれません。

友達と使うために使いたい人たちはどうでしょう「アマチュアの道具」でも十分ではないでしょうか?

このレベルでは「コミュニケーション」することが正しさよりも重要になってきます。心や思いが伝わるかどうかが大切になってきますね。

プロやセミプロの方々にはそれなりの勉強法がありますが、それ以外で道具を使いたい人は手軽に手に入れることができる道具で十分なのです。

自分をプロやセミプロと比べる必要はなく、思いをどのように伝えるのかが一番大切になってきます。

そこで、ケンペネEnglishでお伝えしている「音のブロック」「エアーアウトやカタカナ英語」「パズル英文」「チャンクトーク」

についてお話ししていきますね。

では・・・

See You Then!

英語が話せたら何がしたい?

ちょっと考えてみてください。

「英語が話せる」という前提があるなら何を話してみたいですか?

「是非!これを伝えたい!」と思うことがあるなら、それを日本語で書き出してみてください。

次にそれを簡素化してください。出来るだけ短く、箇条書きにしてください。箇条書きなので、文が二つ以上の事にまたがっているなら、それを分けて二つ、三つの箇条書きにします。つまり一つ一つはかなり短い文になっているわけです。この短い文を英語にします。きっと簡単に書けるのではないでしょうか?

これができる人は既に英語が話せる人です。何故なら、「伝えたいことがある」からです。

「伝えたいこととかじゃなくて、日常会話でいいんだよ」とおっしゃるなら、素晴らしい!さらに簡単に話せるようになりますね。

では・・国内で日本人の友人と居酒屋に行ったとしましょう、どんな感じの会話、もしくは質問をしますか?

「何飲む?」

「何食べる?」

「何時までいれるの?」

「今日何したの?」

「今度〜〜する?」

「メニューとって」

「醤油どこ?」

このように定型文のように話すことってありますね。これらは英語でも同じです。定型文なので、一度覚えれば大丈夫です。何を話そうとドキドキする必要もなく、覚えてしまえばOKです。

日本人と会話するときも、これらの「定型文」の次のレベルは、初めにお話しした通り「伝えたいこと」になるわけです。これも箇条書きにして簡素化することで伝えることができます。

そもそも「伝えること」がないのにコミュニケーションするのは無理です。(笑)日本語で何を言っていいかわからないのに、英語で話しかけようとするのは、無理な話です。

そこに気づいていただければ、「英語は伝える道具」のコンセプトを理解していただけるのではないでしょうか

では次回、この道具を使いこなす「方法」についてお伝えしますね

See You Then!

本当に英語が話せないのかな?

海外のイベント通訳をしていて、よく目にするのは、日本人グループの孤立化です。
せっかく海外に出向いて、学びたい、インプットを得たい、コネクションを作りたい、そのような志を持ちながらも「英語ができない」「英語が難しい」「どうせ伝わらない」などの思い込みから海外にいても日本人とだけコミュニケーションしている人をお見受けします。

勿論、イベントの中で学びをシェアしたり、思いを伝えるのに「日本語」を使う方が良い場合もあります。しかし、それら以外の時間を有効利用できないのは勿体無いですよね。

英語を母国語としない国のスピーカーが「英語」で講演する時に
「英語で話してほしい・・」と思うほど、発音も構成も英語ではないことがあります。

笑い話になるのですが「これって、絶対英語じゃないよね」って思うような英語で堂々とスピーチなさっていた講師もいました。

たどたどしいと思っている日本人英語の方がよっぽどわかりやすいのにと思ったのでした。

そのように母国語でない英語を使って堂々と「英語で伝える!」とスピーチなさる方の思いと、英語を話したいという意欲を持ち、英語を学んできた日本人の「私の英語は伝わらないだろう」との思いには、大いなる「矛盾」があるように思います。

確かに綺麗な英語で、正しく英語を使うのは素敵です。
でも、伝えたいことがあるのに、綺麗に話せない、正しくないだろう、わかってもらえないかも、などの思いに阻まれて英語を「使わない」のは本当にもったいないと思います。

「英語を話せない」のではなく「英語を話す勇気」がない、もしくは「何を英語で話していいのかわからない」というのが本音なのではないでしょうか?

勇気がないとか、コミュニケーション能力が低いという気持ちを「英語が話せない」に代弁してもらっているのではないでしょうか?

だから、「本当は英語は理解できるけれど、少しは話せるけれど、話しかける勇気や、何を話せばいいかがわからない・・・」と思ってみましょう。

すると問題が明白になってきます。英語学習だけではなく、人に話しかける勇気が必要だったり、コミュニケーション能力を磨く練習が必要になるということですね。

問題がわかれば解決策も見出せます。いくら英語を勉強しても話せなかったのは、英語学習ではなく、それら以外のことへの意識が低かったからかもしれませんね。

次回はこの意識の改善策についてお伝えしますね。

では、See you Then!