片言でも十分通じる!カタカナ英語をネイティブ変換する方法

和製英語と呼ばれる「カタカナ英語」が日本語にはたくさんあります。

もちろん、カタカナで書く言葉が全部「英語」を語源としたものとは限りません。オランダ語、ドイツ語、ポルトガル語など、様々な国から入ってきた言葉を「日本語」として使いこなしてきた日本人ってすごいなって思います。

たくさんの海外の言葉を取り入れているにも関わらず、日本人の外国語に関する自信のなさは世界一なのではと思うほどです(°_°)

通常使っている「カタカナ英語」「カタカナ単語」がそのまま英語圏の方に通じると便利だと思いませんか?

英単語を綺麗に話すには、アルファベットの音を一つ一つ学ぶのが一番いい方法だと思っていますが、咄嗟に口から出てくるカタカナ英語を、英語に近い発音で発声する秘訣をお伝えしたいと思います。

●カタカナ英語を英語発音にする秘訣

①まず・・50音をローマ字で描いてみます。

a i u e o この母音音はケンペネEnglishでも本名読み、ニックネーム読みとしてお伝えしているのでここでは割愛します。

では・・

か行です。

ka ki ku ke ko

さ行

sa si su se so

た行

ta ti tu te to

このように50音全部をローマ字にしてみます。

②そしてこれらの母音を全部とってみます。

するとk だけ、sだけ、tだけ、のように 

母音を含まない音、詰まった音が残ります。

ひらがなは、一つ一つに母音がついているので、カタカナ単語にしてもそれぞれの音に「母音」をつけてしまうのが和製英語として定着しています。

英単語では、母音となる音一つと、それを囲むいくつかの子音で音の塊を作っていて、長い単語はその「塊」がいくつか連なっています。

[dog]の最後の音をguと発音しないで、詰まったgという音を意識的に使うと、より英単語の発音に近くなるし、[mat]も最後のtをローマ字のtoと言わないで母音を含まない詰まったtの音で終わるようにするとより英単語に近くなります。

これで完璧な英単語発音になるのではなく、より近い発音になると考えてください。

「完璧さを求めないコミュニケーション重視の英会話」では、この「よりわかりやすい発音」が使える要素になります

●まとめ

今までに蓄積してきた「カタカナ英語」を、ちょっとしたテクニックで、より英単語に近い発音で使うことができると、英単語のボキャブラリーも大幅に増えると思います。

「英語わりと知ってるんだ!」って思ってくださる日本人が増えることを願っています!^^

ケンペネEnglishがSoftBankのメルマガで紹介されました!


こんにちは。
ケンペネールしずこです^^

以前、有名大学でケンペネEnglishを紹介していただいた記事

大手メディア各種に紹介していただいた記事を上げさせていただきました。

さらに、この度は、みなさんご存知であろうSoftBankの「SOFT BANKセレクションの会員向けメルマガ」で、ケンペネEnglishが紹介されました!

このように、様々なメディアや企業で、ケンペネEnglishが注目される次第となりました。

より多くの方々にケンペネEnglishのことを知っていただける機会が増えたことは、非常にありがたいことです。

そして、1人でも多くの方に、

「ケンペネEnglishと出会ったことが、自らの人生を変えるきっかけとなった」

そう感じていただけたら、嬉しい限りです。

これからも、ケンペネEnglishを通じて、英語を話せるようになりたい方や、自分の人生を変えたい方の手助けをしていきたいと思っています。

どうぞこれからもケンペネEnglishを応援してください。

Best Regards^^

ケンペネールしずこ

ケンペネEnglishが青山学院や中央大学などの有名大学構内で紹介されました!

こんにちは、ケンペネールしずこです。

タイトルにもあります通り、この度、ケンペネEnglishが青山学院や中央大学などの各有名大学の構内にて、デジタルサイネージで紹介されました!

今回ご紹介していただいた10校は下記のとおりです;

青山学院大学

中央大学

大妻女子大学

学習院大学

成蹊大学

昭和女子大学

武蔵大学

東京学芸大学

國學院大学

お茶の水女子大学

日本の優秀な学生たちが集う豪華キャンパス─名前の響きも素晴らしい!

英語力の高い学生さんもさぞかしたくさん在籍していらっしゃることでしょう。

通訳者の立場としてはこの上ない喜びです。

この度のご紹介にあたりまして、大学関係者の方ならびに諸々お手続きにご協力いただいた方々には感謝の言葉もありません。この場を借りて心よりお礼を申し上げます。

ご紹介は大学のデジタルサイネージで配信されておりまして、15秒ほどの動画になります。

是非ご覧になってください。


当初、ケンペネEnglishを配信したばかりのころは、まさかここまで社会的に重宝していただけるとは思ってもみませんでした。このような著名な大学でケンペネEnglishをご紹介していただけたことは、私にとって生涯の誇りともなる出来事です。

ケンペネEnglishによって、多くの方が英語の楽しさを共有できる─そんな日々が来ることを切に願っております。

1日20分の自宅留学・ケンペネEnglishを、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

ケンペネEnglish講師

ケンペネールしずこ

角を立てずに「嫌い」を伝える やんわり表現

「お断りする」のが苦手な方っていらっしゃいますよね。

「失礼に当たるのではないか」とかと思うと、なかなか言葉が出ない、特に英語でお断りする言葉が出てこないというのはあるのではないでしょうか?

角を立てずにお断りするのに

“ It’s not my thing” 

“Not much”

“It’s not my cup of tea”

などの言い方があります。
日本語の「まあ、まあ」の言い方に近いのが

“ so-so” という言い方だったりします。

しかし、嫌いなものを明確に

“No thank you” とか
“ I don’t care much~~”

というのも失礼に受け止めない方もいらっしゃいますよね。

はっきり言ってもらう方が嬉しいという人も多いです。

日本人は相手の気持ちを深く考えることで、失礼にならないように、傷つけないように・・・

そのような気持ちが先に立ち、英語でなんて言えばいいのかに戸惑うのだと思います。

自己主張して、好き、嫌いをちゃんと伝えることができるようになりましょう

そのほうが、いいコミュニケーションに繋がることがありますよ

自信を持って話せるようになる秘訣もケンペネEnglishでお知らせしていますので、ご利用くださいね!

▼動画もありますので、ぜひご覧ください▼


大嫌いって何て言う?loveの対義語は?

英語では、好きと嫌いをはっきり言い切ることがよくあります。

“ I like~~” 

“ I don’t like~~”

単純に「好き」「嫌い」の言い方ですね。


Like よりもっと好きな場合、” I love ~~”ということがあります。
「大好き」という言い方ですね

“ I love~~” の反対は ” I hate~~”になります。

日本人的には Love と hateって「愛してる」「憎んでる」なのでは?と思いがちです。

もちろん、そのような意味合いで利用することもあります。

「好き」よりもっと好きの意味「大好き」という感じで「Love」を使い

「嫌い」よりもっと嫌い「大嫌い」という意味合いで「Hate」を使うことがあります。

Love と Hateは人間関係だけではなく、「好きなもの」にも使うということを覚えておいてくださいね。

ケンペネEnglishでは英単語を柔軟に使い回しができるようになる秘訣もお知らせしています。

楽しく英語を使えるようになりましょう!

▼動画もありますので、ぜひご覧ください▼


「Pardon?」は間違い!?失礼のない聞き返し方

「何を言われているか聞き取れない」が「英語がわからない」に繋がる場合があります。

しかし多くの場合、特に難しいことを言われているわけでもなかったり、単語を一つ一つ聞いてみると「知っている」単語ばかりだったりもします。

「外国人に話しかけられている」という事実だけでパニックになり「わからない」という潜在意識のシグナルに翻弄され、助けの手を述べることができない。ある意味悲しいことです。

考えてみてください。観光や仕事などで日本を訪れ、日本の素敵を楽しみたいと願っている外国人の方々に「Helping Hand(助けの手)」を差し伸べてあげることで、日本での時間を「楽しかった」と思っていただけるなら、素晴らしいことだと思いませんか?

外国人の方が話しかけてくるのは、多くの場合「何か助けが必要」な時です。行き先の確認、切符の購入方法など、道案内案件が多いのではないかと思います。
そんな時に「I can not speak English.」と返答されるとどんな気持ちになるでしょうか。(咄嗟に日本人がこのように返すことが英語圏の方の間で笑い話になっているのも事実ですよ)

そこで外国人の方に声をかけられたら、「あ、助けが必要なんだ!」とまず思うようにしてみましょう。
すると聞き取れなかった時に「なんて言いました?」「ごめん、聞き取れません」「もう少しゆっくり」「それ英語ですか?(英語圏以外の方もいらっしゃるので)」などと聞き返す余裕が生まれると思います。なんとか助けてあげたいを思うと、聞き返すのを躊躇わなくなります。

“Excuse me?”

“What did you say?”

“Say it again?”

“Pardon me?”

“Can you say it slowly”

など、いろんな言い方で聞き返してみましょう。

わからないとの思い込みで、本当に助けを必要としている人を助けられないのは悲しいことです。
何度か聞き直す余裕を持って対応できるようになるのが理想ですね。
ゆっくり話して貰えば、理解できることがほとんどだと思います。自分で思っている以上に英語を「知っている」のを体験してみてください。


ケンペネEnglishでは新しく英語を学ぶのではなく、過去に学んだ英語に風を当ててあげる、エアーアウトの実践方法をお伝えしています。知っている英語で話せるようになっていきましょう!

▼動画もありますので、ぜひご覧ください!▼

チャンクトークと積み木の思考

英会話というのは「相手」がいて成り立ちます。
誰かに「何か」を伝えたいので言葉が必要になるわけです。

映画を観て英語で理解したい、海外講師のスピーチを聞き取るために英語を極めたいと思う方たちには、「聞き取り」のための練習も必要になります。


「話す」「伝える」だけを考えてみると「何を話す?」「何を伝える」が鍵になります。伝えたいことを「最小限の言葉で伝える」ことを意識すると、どんなフレーズになるでしょう?


〜〜が好き
〜〜へ行く
〜〜を見る
〜〜が必要
〜〜を持っている
〜〜ができる


これらを英語で表現してみます。もし時間がなくて、他に何も話せなくても、これだけはわかって欲しいと思うことを、最小限の言葉で話すようにします。

つまり一番大切な「かたまり(チャンク)」を言い切るようにします。
それを言い切ることができれば、それを説明するチャンクを2〜3つほど考えてみます。

この車が好きです。(I like this car)
色が素敵 (I like the color)
乗り心地がいい (It’s a comfortable car) 
ちょうど良い大きさ (It’s a right size)

このように短い文をいくつか作ります。
接続詞や文の構成は気にせず、大きなチャンクを一番上に、さらに小さなチャンクをその下に並べます。
これを相手に伝わるように話してみます。

 このように会話は短いフレーズが積み木のように幾つも重なっていると理解することができれば、リスニングの際にも、長文を聞き取るのではなく、小さなチャンクを探すことにフォーカスできるようになります。

やってみてくださいね。ケンペネEnglishではこのコンセプトを実際に練習することができます。興味のある方はご連絡ください

https://kempene-english.jp/lp/shizuko1/index.php
 See You Then!

パズル英文で簡単に話そう

英会話をする時、長文で話す必要はありません。

英文学を極めたい、英語の仕事をしたい、などの理由がないなら

長文を考える必要も、フレーズの構成で悩む必要もないと思います。

また、英語を長年勉強しているのに、なかなか英語が話せない人の多くは「文の構成」を複雑に考えすぎていることがあります。

日本語でも英語でも、小さな子供達が話し始めるのは「簡単なフレーズ」です。

つまり「基礎の文型」があるのです。

文型は「主語:Subject」「目的語:Object」「動詞:Verb」の3つの鍵になる言葉で表します。


Subject Object Verb の頭文字を使って、「SOV」と言う文型で、これが日本語の基礎文型になります。日本語以外にもこの文型を利用する言葉はありますが、英語は違います。

この違いは、日本人が英語を使いこなすことの妨げになっているのでしょう。

英語は SVOの文型を使います。

日本語:私は(S) バナナを(O)   食べます(V)

英語: 私は(S) 食べます(V)   バナナを(O) 

このように並べ方が違ってきます。
英単語をパズルのように、文型を意識して並べてみます。

私はパーティーに行くでしょう。 party, go , will, I , to

私はパクチーが嫌いです。 coriander, I not , do, like

英単語をパズルの感覚で並べ替えて文にしてみてくださいね。

日本語を国語として勉強してきた私たちが、日本語の文法を気にしながら話さないように、英語を母国語とする人たちも、文法を意識しながら会話をしません。

基本、中学校で学んだ英文法とSOVをSVOに変換する感覚が身につけば、十分英語を話すことができます。
英語で多く使う文法は中学の3年間で学びます。それらを何度も繰り返して使うことが大切です。

何よりも英語に触れる機会を増やし、英語を使うことが大切です。

ここからも「今までの英語のインプットだけで十分なんだ」 「使い始めることが大切だ」とわかっていただけるのではないでしょうか?

エアーアウトとカタカナ英語

よくよく考えてみると、私たちは英語の単語に囲まれて生活しています。

多くのカタカナで表す言葉が英単語をそのまま「日本語」にして使い込んでいるわけです。知らない間に、様々な英単語を使っているけれど「英語は話せない」と思い込んでいるわけです。

それとは別に教育の一環として多くの人は6年ほど英語を勉強します。
たくさんの英単語を「暗記」するのですが、それらがテスト対策だと言うことがとっても残念です。学んだ英語を「使える」場があると素晴らしいのにと思います。

学校を卒業すると「英語を使う機会」「英語を使う場」がほとんどありません。知識として脳の中に蓄えてはいるものの「使わない」ので、場所だけを取っている状態になるわけです。


冬が終わり、場所をとる冬の寝具を保管する時「圧縮袋」に入れますよね。空気を抜くとペッタンコになり、保管しやすくなります。
それと同時に中のものを容易に取り出すことはできなくなります。

皆さんの「英語」も使わなくなったので、圧縮袋に入れられて、空気を抜かれてぺったんこになり、脳の保管庫に収められているわけです。

せっかく学んだ英語を容易に使うことができない状態があるのは、これが理由です。容易に取り出すことができないのです。

英語を新しく学ぶ必要はありません。皆さんが今まで学ばれた英語の知識で十分に英会話を楽しむことができます。

そのためにケンペネEnglishで提案しているのは「エアーアウト」という作業です。

簡単に言うと、圧縮袋の中にある英語の知識や単語を取り出すために、圧縮袋を開けて、空気を入れてブワ〜っと広げてみることです。
空気を入れてあげると、過去に学んだ英単語やフレーズをどんどん思い出すことでしょう。
最初はカタカナ英語でも、綴りがわからない英語でも大丈夫です、どんどん使ってみることが大切です。


英語を一から学ぶ必要がないこと、知っている英語を使い始めることをケンペネEnglishでは提案しています。
せっかく学んだ英語を過去のものにしておくのは残念だと思います。

是非、ケンペネEnglishでご一緒できればと思います。

興味のある方はご連絡くださいね!


See You Then!

英語は音のブロックでできている

日本語はひらがなの50音を覚えてしまえば、ひらがなや送りがなのある本なんかは読めてしまいますね。「なんで英語はそうじゃないんだ」とか、思ったことありませんか?

単語は暗記するものという概念は日本特有かもしれません。

なぜなら・・
実は英語もアルファベット一つ一つの音を学べば単語を見ただけで、発音が可能になります。

子供たちを教えているときに「この単語なんていうの?(How do you pronounce this word?)」と聞かれて、「サウンドアウトしてごらん(Why don’t you sound it out)」と促すことがあります。

これはアルファベットの音を一つづつ声に出して音にしてみることです。

アルファベット26文字のそれぞれに音があるわけです。

例えば:at は a の音と t の音を合わせて atになります。
catは atの前にcの音が組み合わされて catになるわけです。
atが綺麗に発音できると catは綺麗に発音できます。

同じように:bat , fat, hat, mat, pat, rat, sat なども綺麗に発音できます。

母音の音に長音と短音があることはケンペネEnglishでお伝えしていることです。

ケンペネEnglishでは、長音を本名音、短音をニックネーム音としてお伝えしています。

a は本名音なのでエーと伸ばして発音する音にもなります。上記のatに使われる母音の音はニックネーム音のアツと言う短い音ですね。

aがエーという本名音になるには、母音がもう一つ単語の中にあります。

例えば:eat eとaの二つの母音があるので、最初の音を本名読み(長音)で発音して、二つ目の母音aは静かにしてもらいます。するとイート。になるんですね。


「eatはイートだとわかるけど、aは発音しないのか?」と不思議に思ったことありませんか?これはw母音のルール「単語の中に母音が二つあるときは一つ目の単語を本名音で発音して二つ目の単語は静かにしましょう」があるからです。

eatが綺麗に発音できると

beat, heat, meat, neat, などもちゃんと発音できますね。

このように、アルファベットの音をブロックのように繋げて英単語は成り立っています。音を正確に覚えることで、綺麗な発音の英語で話せるようになり、聞き取るのも簡単になっていきます。

ケンペネEnglishで詳しくお話ししていますので、興味のある方は是非ごらんくださいね
では・・
See You Then!