英語にも敬語・タメ口がある!?違いと気をつけたい表現とは?


「英語には敬語はないから楽〜」なんて聞いたことはありませんか?

確かに、日本語の敬語にあたるものは英語にはありませんが、カジュアルな場や間柄でのみ使える表現と、フォーマルな場や間柄で使う表現はあります。失礼なことを言って相手の気分を害さないためにも、知っておくといいですね^^

ここでは、主な英語の丁寧表現と注意点をご紹介させていただきます!

〜目次〜

●日本語の敬語と英語の丁寧表現の違い

●頼む時の表現

●許可を得るときの表現

●気をつけたい表現

●日本語の敬語と英語の丁寧表現の違い

日本語の二人称はたくさんありますよね。「あなた」「おまえ」「てめえ」「きさま」または、単に名前で読ぶ、名前に「さん、君、ちゃん、様」を付ける、などがありますね。しかし英語には、二人称に違いはありません。基本的にみんな “you” です。

ただし、場合によっては呼びかける際の呼び方は違うこともあります。例えば、先生だったら “Mr.~” “Ms.~” 。医者だったら “Dr(doctor).”。教授だったら “Professor ~” と呼びかけます。また、知らない人に呼びかける場合、 “Sir” (男性)や、 “Miss”(若い女性) 、“Ma’am”(年配女性)のように、かしこまった感じで丁寧に呼びかける表現もあります。

日本語の「です、ます」表現や、尊敬語・謙譲語のようなものは英語にはありません。しかし、日本語に比べて表現の数は限られますが、丁寧表現はあるのでTPOによって使い分けられると会話がよりスムーズになりますね^^


●頼む時の表現

①動詞の原形(頼むというか命令)

(会話例)

母: Do your homework before dinner.「夕飯前に宿題やりなさい。」

息子: Okay, mom. 「分かったママ〜。」

②Please +動詞の原形.

Pleaseを付けると①に比べて丁寧にはなりますが、それでも命令形なのには変わりないので、目上の人に話す時は注意が必要です。注意喚起のアナウンスでも命令形は使われます。

(会話例)

客室乗務員: Please fasten your seatbelt. 「シートベルトをお締めください。」

乗客: Sorry, got it.「すいません、分かりました。」

③Can you~?/ Will you~?

「〜してくれる?」の一般的な言い方です。家族、友達だけではなく、目上の人であってもかしこまった場面でなければ普通に使います。 “please” を付けるとより丁寧になります。

(会話例)

観光客: Excuse me. Can you tell me how to go to Tokyo Station?「すみません。東京駅への行き方を教えてくれますか?」

通行人: Go straight and you’ll see it on your right.「まっすぐ行ったら右に見えますよ。」

④Could you~?/ Would you~?

“Can you~?” と “Will you~?” の過去形で、より丁寧な表現です。

(会話例)

店員さん: Could you tell me your number?「お電話番号を教えていただけますか?」

お客さん: Okay.「分かりました。」

⑤Do(Would) you mind ~ing?

“mind” は「〜を気にする、嫌である」という意味の動詞なので、「〜することを気にしますか、〜することは嫌ですか」つまり、「〜してくださいませんか?」と遠回しにお願いする表現となります。目上の方に使うだけではなく、友達にちょっとお願いしにくいことを頼む場合などにも使います。

(会話例)

あなた: Do you mind picking me up at the airport?「空港に迎えにきてもらってもいいかな?」

友達: Sure. No problem.「もちろん。問題ないよ。」

1 Point !

“Do you mind ~ing?” と言われて、 “Yes”と答えてしまうと、「はい、気にします。(嫌です)」の意味になってしまうため答え方には注意が必要です。会話例にあるように答えたり、 “Not at all!”「全然気にしないよ」 “Of course not.”「もちろん気にしないよ」のように答えましょう♪

●許可を得るときの表現

①Can I~?

「〜してもいいですか?」を表す一般的な表現です。

(会話例)

あなた: Can I have this sandwich? 「このサンドイッチいただけますか?」

店員さん: Sure.「もちろんです。」

②Could I~?

“Could” を使うことでより丁寧になりますが、注文時に使う場合などはそれほどニュアンスに差はありません。

(会話例)

あなた: Could I get the salad?「そのサラダをいただけますか?」

店員さん: Sure.「もちろんです。」

③May I~?

こちらも “Can I~?” に比べて丁寧な表現です。

(会話例)

店員さん: May I have your name, please?「お名前を教えていただけますか?」

お客さん: Okay, I’m Taro.「はい、太郎です。」

④Do(Would) you mind if I ~?

こちらも “mind” を使うので文字通りに訳すと「もし私が〜したらあなたは気にしますか?」です。つまり「〜してもいいですか?」を遠回しに伝える表現となり、遠慮がちに尋ねたい時などに使います。こちらも答え方には注意が必要です。

(会話例)

あなた: Would you mind if I open the window?「窓を開けてもいいですか?」

同僚: No, not at all.「いいですよ。」

★ 1 Point ! 〜より丁寧になるクッションフレーズ〜

「ちょっとおこがましいかな・・・」

「申し訳ないな・・・」

というお願いをする場合は、上でご紹介した表現で頼む前に次のように言いましょう^^

・I’m sorry to bother you, but…「邪魔をして申し訳ありませんが…」

・I don’t mean to bother you, but…「邪魔するつもりはないのですが…」

“bother” は「〜を邪魔する」 “mean to ~” は「〜するつもりだ」を意味します。

●気をつけたい表現

日本語にも「やばい、きもい、がちで」などのスラングがあるように、英語にもフォーマルな場では使えないスラングがたくさんあります。そうとは知らず、うっかり “F**k” なんかを目上の方や面識のない方に使ってしまったら…きっとドン引きされてしまいます(*_*)

そうならないためにも、使ってOKなスラングなどのカジュアル表現を知っておくのも大切ですね!

英語のスラングについて知りたい方は、合わせてこちらもぜひお読みください♪

【フランクに英語を話したい!日常会話で使えるスラング】

中学から英語を勉強し始め、英語の先生になる夢を持つ。愛知教育大学在学中、約1年間アメリカのボストンに留学。 現地にてTEFL取得。 大学卒業後、3年間愛知県の進学校で正規の英語教員として受験指導などを行う。 現在は縁あって、ケンペネEnglishの英語講師を担当。 取得資格:TOEIC965点、小学校教諭一種免許状、 中学校教諭教諭一種免許状(英語)、 高等学校教諭教諭一種免許状(英語)、 TEFL(Teaching English as a Foreign Language)