英語でも聞き上手に!日常会話で使える相槌バリエーション


“I went to Okinawa last weekend!” と外国人の友人に話しかけられました。さて、あなたはなんと応えますか?^^

「いいね!」「どうでした?」

みたいなことを言って会話を展開していきたいけど、相槌がワンパターンになってしまったり、言い返しが思いつかなかったり・・・。そんな方も多いのではと思います。

私も英会話を始めた時は、相槌のバリエーションが乏しく、モヤモヤしました(>_<) そこで、今回は日常会話でとっても使える相槌ワードを10個ご紹介します♪ ぜひ、使いやすいフレーズだけでもいいので自分のものにしてしまいましょう!

①Uh-huh.

読み方は「ア〜ハ」という感じですね!ちょっと語尾が上がるのがポイント。

②Wow.

話相手からなにかすごい話を聞いたときに「ワ〜オ」と言ってみましょう。

③Whoa.

これもwowと同じように使います。綴りを見ると「ウォア」かな?という思われるかもしれませんが、これで「ウォウ」と読みます。ケンペネEnglishでお伝えしている母音が2つ続く時の読み方のルールがここでも生きていますね!

④Really?

「本当?」「まじで?」と、驚きを伝えたいときや、話の内容を疑っているときにも使えます。

⑤Nice.

「いいですね。」と相手の話に肯定的な反応をしたいときに使えます。

⑥Good.

これもniceと同じように使えます。何度も同じことを言うより、少し言い方を変えるだけでも変わりますよね!

⑦I see.

「なるほど」「わかりました」と言いたいときによく使います。 “see” は「〜が見える」つまり、「あなたの話が見えます」→「言いたいことが理解できています」→「わかりました」の意味にもなるんですね。

⑧Right.

相手が言ったことに同意する感じで、「そうだね。」と言いたいときに使います。

⑨Sure.

頼まれたことに「いいですよ」とか「もちろん」と肯定的に答える際によく使います。

⑩True.

「確かに」と、相手に同意するときに使います。これもueの1つ目の母音uの長音読みで「ウー」と読み、eは静かにする母音のルールが適応されますね!

●まとめ

今回ご紹介した相槌ワードは少しですが、日本語の「へ〜」のような相槌も、表情や声のトーンによって伝わるニュアンスは様々ですよね。大切なことは、使うワードは少なくてもいいので、気持ちを伝えようとすることです。ぜひ、試してみてくださいね♪

中学から英語を勉強し始め、英語の先生になる夢を持つ。愛知教育大学在学中、約1年間アメリカのボストンに留学。 現地にてTEFL取得。 大学卒業後、3年間愛知県の進学校で正規の英語教員として受験指導などを行う。 現在は縁あって、ケンペネEnglishの英語講師を担当。 取得資格:TOEIC965点、小学校教諭一種免許状、 中学校教諭教諭一種免許状(英語)、 高等学校教諭教諭一種免許状(英語)、 TEFL(Teaching English as a Foreign Language)